天体memo

天体撮影のちょいメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アンタレス付近

先日、初めて富士山の富士宮五合目で雲海を経験しました。標高2,400mから下界を除くと見事な雲海が富士宮市の街明かりに蓋をしていました。その蓋のすぐ上に浮かぶアンタレス。最初は北アメリカ星雲を撮る予定でしたが急遽変更し、鏡筒をアンタレスに向けました。極軸・構図合わせも終わり、さあ撮影開始!と意気込みました。がしかし。。。

Antares region [Camera]CANON EOS 60D(SEO-COOLED60D ,IR custom) [Lens] BORG BORG60ED + Reducer 0.85xDG [Auto guide]QHY QHY5L-IIM + Kowa LM75JC + PHD Guiding2 [Other] Unitec SWAT-200, BackyardEOS, ISO1600, 300s x4 ,dark x4, flat x20 ,StellaImage7 / Fujinomiya, Mt.Fuji, Japan /June. 25 2014 21:17 p.m. to 22:27 p.m. JST

この日の薄明終了は20:50頃、撤収予定は24:00なので2時間は撮影できる見込みでしたがなかなか思ったとおりに行かないのが天体写真。下界の雲海が22:30頃にはなくなってしまいました。そして23:00頃から曇り始める南側の空。南側だけ曇ってきたのでアンタレスは諦め、時間も無いのではくちょう座の星野写真でもと思いましたが、準備して撮影開始するとこんどは突然はくちょう座に雲が。。。なんだか天候に意地悪されたような気分です。こんなことなら最初から北アメリカ星雲撮っとけばよかったー。。orz


結果として、まともに撮れてたのは4枚のみ。雲海中にアンタレス付近を雲が通過してボツとか、ピリオディックモーションと思われる、星が流れてボツとか(下画像)




現像してみても、4枚だから少なすぎてダメなのか、画像処理がダメなのか、お手本画像には程遠いです。まあ両方でしょうけど。上級者向けと言われているアンタレス付近、またいずれ挑戦してみたいです。



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2014/06/28(土) 21:35:59|
  2. 天体写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ケーブルの冗長化【断線対策】

先日、雲海の富士山富士宮五合目にて機材をセッティングしているとSWAT-200の電源が入らないと言うアクシデントがありました。


原因はどうやら電池BOX側の根元部分の断線。電池を入れてSWAT-200と接続した状態でこの黄色矢印部分を動かすとSWAT-200の電源LEDが点灯⇔消灯していました。使用開始(購入)から10ヶ月目になります。





幸い、冷却カメラ(SEO-COOLED60D)のファンの電源ケーブルが使えたので、冷却は無しにして電源をシガーソケットから取ることで事なきを得ましたが、この冷却カメラのケーブルもなんかそのうち断線しそう。。また断線するのは時間の問題なので、これを期に予備のケーブルをそろえる事にしました。



以下、ケーブルの種類と、購入場所の覚書です。(写真は現在使用中のケーブル)



① ② ③
④ ⑤ ⑥
  ⑦



①【SWAT-200】電源ケーブル (SWAT-200⇔電池BOX)
購入場所: 秋葉原 トモカ電気(株)ラジオセンター店
価格: 1本350円。
備考: 秋葉原駅高架下の電子パーツ屋が密集している中の1店。1.5mくらいが欲しかったが大量生産で作られており1mより長いサイズは無いとの事。SWAT-200付属の電池BOXを6個用から8個用に拡張するなら、それもこの店で買えます。


②【SWAT-200】リモートコントローラー RC-01 専用ケーブル(SWAT-200⇔リモコン)
購入場所: ネイチャーショップKYOEI東京店
価格: 1本540円。
備考: ユニテックから製品付属の物を購入可能。今回はKYOEI店頭にあったものをそのまま購入させて頂きました。オーディオ用のケーブルに似ていますが、ピンジャック部分の形状は4極(横に三本ラインがあり、4つの領域に分かれている。リモコンなど用)なため、ヨドバシのオーディオコーナーとかで探しても見当たりませんでした。


③【SEO-COOLED60D】冷却ファン用電源ケーブル(SEO-COOLED60D冷却ファン⇔バッテリー)
購入場所: 秋葉原 トモカ電気(株)ラジオセンター店
価格: 1本300円。
備考: ①と同じ店。ここで買ったものの方が、SEO-COOLED60D付属のものより断線しにくそうに見える。


④【QHY5L-IIM】USBケーブル(Aオス-Bオス)(QHY5L-IIM⇔ノートPC)
購入場所: -
価格: -
備考: 家に余っていた市販のUSBケーブルを利用


⑤【QHY5L-IIM】6極6芯モジュラーケーブル(QHY5L-IIM⇔SWAT-200リモコン)
購入場所:
価格: -
備考: ネイチャーショップKYOEI東京店からメーカーに問い合わせ中。ケーブルは見たところストレートケーブルのようですが、ヨドバシで探しても6極6芯は1つしかありませんでした。しかも3mなので長すぎ。。メーカーで購入可能か、無理なら市販のものでOKなのか、ケーブルの仕様を問い合わせ中です。

(2014/10/10追記)取り寄せに時間がかかった為か本日無償で1本頂きました。ありがたやー。市販のケーブルでも良いそうなのですがそれが見つからなかったから問い合わせたんですけどね。。結局値段も分からないままです。

⑥【SEO-COOLED60D】USBケーブル(Aオス-miniBオス)(SEO-COOLED60D⇔ノートPC)
購入場所: -
価格: -
備考: 家に余っていた市販のUSBケーブルを利用


⑦【ヒーター】結露防止ヒーター タイプ6M
購入場所: ヒーターのよこた
価格: 1本3,800円。
備考:予備を追加で1本購入


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

  1. 2014/06/27(金) 23:23:22|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先月の月の動画(age17.4)


Honey Moonが話題の中、どこから貰ったのか体調を崩してしまい、せっかくの須走へのお誘いを断念。しょうがないので先月の満月期に撮影した月の動画でも。

この日はテスト撮影だったので、お友達から借りたVixenのED81S鏡筒+レデューサをSWAT200に乗せて動画を撮ってみました。重さを量ってみると全体で3kgくらいだったので問題なさそう。ついでにガイド鏡とファインダーを無理やりくっつけてますが今回は使ってませんw



BORG60ED+レデューサが焦点距離約300mmなのに対して、こいつは約500mm。月が巨大に見えて感激! IR改造のカメラなので赤くなっちゃってますが、これはこれで良いですね。



※最大化から戻るにはEscキー押下!

Moon (age17.4)
CANON EOS 60D(SEO-COOLED60D ,IR custom) / Vixen ED81S + Reducer / Unitec SWAT-200 / Lenovo ThinkPad Edge11 0328-RZ8 + BackyardEOS / ISO250 , 1-200 / Koganei Park, Koganei-City, Tokyo, Japan / May. 16 2014 23:38 p.m. JST



機材一式を入れているスーツケースとリュックにこのレベルの鏡筒が入れば1本欲しいところですが、1人で1回で運べる量がリミットでコンパクト重視だと厳しいところですね。。。







にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


  1. 2014/06/17(火) 00:17:10|
  2. 天体写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

サドル周辺とバンビの横顔


先々週の土曜日に須走で初挑戦したサドル周辺とバンビ。
StellaImage7だけで画像加工してますがなかなか満足が行かなくて、なんとなくPhotoshopの必要性を感じつつあります。



はくちょう座 γ星サドル周辺
Sadr region [Camera]CANON EOS 60D(SEO-COOLED60D ,IR custom) [Lens] BORG BORG60ED + Reducer 0.85xDG [Auto guide]QHY QHY5L-IIM + Kowa LM75JC + PHD Guiding2 [Other] Unitec SWAT-200, BackyardEOS, ISO1600, 300s x25 ,dark x8, flat x40 ,StellaImage7 / Subashiri, Mt.Fuji, Japan /May. 31 2014 23:27 p.m. to 0:24 a.m. JST

今度撮影する時は今右下になっている部分を真下にして撮影してみたいな。私にはこの形がしゃちほこにしか見えてないんです。。




いて座付近 バンビの横顔
Side face of Bambi [Camera]CANON EOS 60D(SEO-COOLED60D ,IR custom) [Lens] BORG BORG60ED + Reducer 0.85xDG [Auto guide]QHY QHY5L-IIM + Kowa LM75JC + PHD Guiding2 [Other] Unitec SWAT-200, BackyardEOS, ISO1600, 300s x10 ,dark x8, flat x40 ,StellaImage7 / Subashiri, Mt.Fuji, Japan /June. 1 2014 1:26 a.m. to 2:33 a.m. JST



前回の撮影時に壊れた極軸望遠鏡がまだ入院中なので、極軸合わせをどうしようかと思ってましたが、SWAT200の覗き穴から北極星を見て赤道儀の大体の向きを合わせた後に、PHD Guiding2のドリフトのグラフを見ながらドリフト調整したら見事に極軸が合ったようで無事星を点に撮れました。SWAT200の精度の高さに驚かされます。いやー、なんとかなるもんですねw



今回の撮影では初めて?やや高山病になりました。後頭部に軽い頭痛と軽い吐き気。帰る頃には直ってましたが、標高2000m恐るべしです。wikiで調べてみると、海面近くから標高2,500mまで1日のうちに移動すると発症しやすく2000m付近でも人によっては発症するようです。気温は前回よりは暖かいものの、撤収前には2℃まで下がりました。




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

  1. 2014/06/11(水) 02:30:51|
  2. 天体写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。