天体memo

天体撮影のちょいメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ケラレ対策(三脚編)

現在、マンフロットの「055プロカーボンファイバー三脚4段 MT055CXPRO4」という三脚を使用していますが、そのまま足を広げただけでは足の広がりが狭く、三脚ごと倒してしまいそうでなんだか心細いので、ぐっと1段広げて使用しております。



こんな感じ。

横に広くなりすぎるので誰かに蹴られるのは時間の問題かと思われるため、反射シールで自己アピール出来るように改善しました。



改善後の足回り。

三脚の先端部に貼りたいところですが足が伸縮するタイプだと反射シールを貼ると収納時の邪魔になりそうなので貼る場所にも工夫が必要でした。ゴムの上に直接貼ったけど剥がれそうで不安。。


二段目の先端にも細く貼ることもできました。

伸縮時の受け側に少し余裕があったので5mm幅くらいなら影響なく貼れます。



あとはおまけで撮影に支障が無いくらいの明るさのLEDライトを付けておけば蹴られることは無いかなー。



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2014/10/30(木) 22:08:15|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マスク処理(ファインダーの)

先月、富士山須走口での撮影終了後、ダーク撮影をしながら御来光を拝んできましたが、出来上がったダーク画像はこんな状態でした。。

時間が経つにつれて何か写ってる。ダークなのに。


撮影時はまだ日の出前でしたが、どうやらファインダーから明かりが入って写り込んだ模様。塞いだ方が良いとは聞いてましたがこんなに影響があるんですね。


日の出と日の入りの計算で、本日のを富士山 標高2000mで計算した結果
4:04 天文薄明開始
5:28 日の出


画像情報から最後の一枚は9/23 5:15となっていますが、その前後の空の様子はこんな感じ。

9/23 5:03 日の出前


5:03 ダーク撮影時の機材の配置状態。暗いところにピントを合わせたので空が真っ白になってます。


9/23 5:42 日の出後




早速ダンボールを加工して塞いでみました。思いのほか綺麗に塞がりました。



使用したのは片面が黒いヘッドフォンの空箱。これをファインダーの内側に収まるサイズにカット。幅23mm、縦は下に飛び出さないところでカット。



あまり厚いダンボールだとファインダーがカメラ本体に取り付けられなくなるので薄めの物を使用しました。結露対策に靴用の防水スプレーを塗布して完成です。


これで日が昇ってからのダーク撮影も平気かな。



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村





  1. 2014/10/29(水) 00:51:22|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SWAT-200退院

皆既月食の夜、三脚の上からアスファルトに落下し、ターンテーブルのガタ付きも発生したことから二度目の入院をしていたSWAT-200が無事退院しました。



入院費用は4050円。ターンテーブルのガタ付きも見事になくなりました。入院前はターンテーブルのネジを締めて固定した状態で手で動かすとカタカタ動いていたんですよね。

落下傷も綺麗にタッチアップしてあります。



太ネジアダプターがステンレス製に交換されていました。これについて代理店に質問したところ、現行機で仕様変更されている箇所を、旧型機にもオマケで対応してくれる事があるとの事でした。



カルテ。
入院前に、ガタ付きが直るかなーとターンテーブル横の樹脂ネジを締めて1つなめてしまっていたのですがこれも交換されていました。カルテには「そのネジに触るな!」と注意書きが。。すすすすみません!>_<

一回目の入院以降は、ターンテーブルに負荷がかからないように、ターンテーブルの固定ネジを緩めてから自由雲台を着脱していたのですがそれでも負荷がかかっていたのかな。落下が原因なのか不明ですが、ガタ付きに気がついたのは落下後に機材をセットアップしている最中の事でした。


対策としてテーパーキャッチャーとテーパーアダプターを購入。



これでターンテーブルに負荷をかけずに自由雲台を着脱するのが楽になります。



現在のSWAT-200より上の重量は3.7~3.8kgでした。積載荷重5.0kgよりは少ないですが、見かけの荷重を考えるとギリギリセーフか、やや重量オーバーな気がします。



SWAT-200の落下事故の原因となった微動雲台上部のネジ。このネジが少し締まった状態の上にSWAT-200を乗せてネジを締めたため、手を離して次の機材に手を伸ばしている間に落下しました。普段はそうならないようにネジの状態を確認してから乗せるようにしているんですけどね。。今後は超注意します。ユニテックさんありがとう!








にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村





  1. 2014/10/23(木) 07:18:31|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

皆既月食

皆既月食で紅く染まる月と天王星を撮ってきました。



皆既月食終わりの2分前。この後、左上から明るくなってきます。

2014/10/08 total eclipse
BORG BORG60ED + Reducer 0.85xDG + CANON EOS 60D(SEO-COOLED60D ,IR custom)ISO100, 3.2s x1, Koganei Park, Tokyo, Japan


そして紅い月と天王星。ただの点にしかみえないけど青いのは分かりますね。初めて見たので感激です!




今日は天候が悪そうで半分駄目もとで撮影地へ向かったのですが、現地に着いてみるとこんな感じ。空の5~7割くらいは雲で覆われてる。

あ、もう月出てる!雲は左から右へ流れていました。



その後も天候はあまり変わらず、なぜか月の場所だけは晴れてたので無事撮影開始。
今日は一般の方?wも大勢観測されていたようで、通りすがりの方に月を見せてあげるなど、ちょっとした観望会状態でした。
いつもだと見回りのおまわりさんか、いつも声かけてくる散歩中のおじさんくらいしか寄ってこないんですけどねw



しかし、世の中そんなに甘くは無く、食の最大を迎える一番おいしい時間の10分前に、突然天体観測最大の敵が近寄ってきました。

どんよりどよどよー。ここから先は有料コンテンツ状態。



月がまったく見えないほど曇っていたのだけど、食の最大の瞬間に少しだけ雲の隙間から顔を出してくれたおかげでかろうじて瞬間を撮影できました。

食の最大の瞬間(19時54.6分)。赤色が均一になっているのが分かるでしょうか。左下から欠けた月の右上がずっと明るかったのにその明るさが消えた瞬間です。その後左から明るくなるのにそこもまだ明るくなっていません。右半分が暗いのは雲のせい。この写真はIR改造カメラで撮って出しなので雲までピンクに写ってます。



今回は準備中にSWAT200を三脚の上からアスファルトへ落として傷だらけにすると言う大事故もありましたがまずまずの結果でした。(SWAT200はガタツキ調整もかねて即入院)
次回は2015/04/04みたいなのでその時こそは瞬間(均一に紅い月)を撮影したいですね!



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


  1. 2014/10/10(金) 02:19:58|
  2. 天体写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。