天体memo

天体撮影のちょいメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モニターのキャリブレーション(Spyder4)

かねてより絶対にやった方が良いと勧められていたモニターのキャリブレーション。これをするとモニターの色が本来の正しい色になるのだとか。色のずれたモニターでいくら綺麗に画像処理しても意味が無いのは分かるのだけど、なかなか重い腰が上がらずにいました。

そんな時、キャリブレーションを行う機器の「Spyder4ELETE」を安く譲って頂けることになり、昨日受け取ったので早速やってみました。
fc2blog_2015020108011690b.jpg
これ↑を撮影していた時「本当にそんなに変わるもんかな。。」とか思ってましたね(笑)

使用しているモニターはEIZOのFlexScan S2410W。発売から既に9年以上も経っていました。使用時間21160H。17インチの液晶モニタが主流だった頃に購入したものです。


準備
公式サイトから専用ソフトの最新版をダウンロードしてインストール(要アクティベート)
・Spyder4ELETEをPCに接続
・ソフトを起動してシリアルコードを入力しアクティベート
・モニターの設定を初期値に戻し、色温度を6500Kに設定

手順
ソフトの案内に従って進めていきます。
・ディスプレイタイプ: LCD
・メーカーとモデル: モデル名を入力
・ディスプレイテクノロジー: 色域、バックライトともに「不明」を選択
・コントロールの識別:コントラスト、明るさ、ケルビンプリセットの3つが表示されますが 「明るさ」のみチェック
・キャリブレーション設定: 「推奨」のものを使用
・環境光の測定: 「環境光は非常に高い」となりましたが「現在の設定を保存」
・キャリブレーション: Spyderを画面に指示された位置になるようセットする
・キャリブレーションの途中、「バックライトコントロールを調整して、現在の値がターゲットの値の4%以内になるようにしてください」と指示されるので、モニターの明るさを調整して[更新]。±4%に収まったら[次へ] (今回は明るさを100%→43%くらいまで下げました)
・完了後、プロファイルを保存し、[次へ]
・最後に、キャリブレーション前⇔後を[切り替え]で確認。


結果
キャリブレーション前と後を比較すると、はっきりと分かるくらい改善されました。後の画面を見た後に前の画面を見るとかなり黄色がかった色をしています。今まで黄色がかっているなんて全く気が付いていませんでした。

↓モニターの画面をSEO-COOLED 60Dで撮影した比較画像。ISO400、シャッタースピード1/30。

キャリブレーション前
IMG_1148.jpg
キャリブレーション後
IMG_1148.jpg

写真だと色の良し悪しは分かり辛いですが、キャリブレーション前→後で明確に変化が出ているのは分かります。肉眼で白い部分を比較した時の感じを例えるなら黄ばんだ白シャツが漂白して真っ白になった感じ。

今回試した後の感想としては、キャリブレーションは絶対にやった方が良いですね(笑)ここまで改善されるのは正直驚きでした。



参考サイト
同じモニターを所有されている方のレビュー
http://ganref.jp/m/sin_sin/reviews_and_diaries/diary/4122



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/02/01(日) 09:41:19|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。