天体memo

天体撮影のちょいメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

M45プレアデス星団



オートガイド環境を導入しての初撮影。
やっと星の周りのガスが綺麗に写るようになりました。



M45プレアデス星団 2013/12/28 23:29~0:55@千葉県いすみ市
カメラ: CANON EOS Kiss X5
鏡筒 : BORG60ED + レデューサ0.85xDG【7885】
ガイド: QHY5L-IIM + ペンシルボーグ25(BK)【6024】
赤道儀: Unitec SWAT-200
現像 : ISO1600 / 300s x 12 / StellaImage7



SWAT-200のオートガイドはおまけ機能らしく、赤緯方向の補正は出来ません。
そのため極軸をしっかり合わせておかないとオートガイドを使用しても星が流れて写ってしまいます。
でもまあオートガイド無しだと3分を10枚撮影して3枚流れなければ良い方だったのが、5分を流れずに撮影できるようになったのは大きいです。7~10分も極軸あわせ次第ではいけるかもですが今日のところは成功無し。無念。。。




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2013/12/29(日) 07:55:23|
  2. 天体写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鏡筒の結露対策(敗北) | ホーム | ラヴジョイ彗星>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tukaima48.blog.fc2.com/tb.php/13-0625cf4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。