天体memo

天体撮影のちょいメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

先月の月の動画(age17.4)


Honey Moonが話題の中、どこから貰ったのか体調を崩してしまい、せっかくの須走へのお誘いを断念。しょうがないので先月の満月期に撮影した月の動画でも。

この日はテスト撮影だったので、お友達から借りたVixenのED81S鏡筒+レデューサをSWAT200に乗せて動画を撮ってみました。重さを量ってみると全体で3kgくらいだったので問題なさそう。ついでにガイド鏡とファインダーを無理やりくっつけてますが今回は使ってませんw



BORG60ED+レデューサが焦点距離約300mmなのに対して、こいつは約500mm。月が巨大に見えて感激! IR改造のカメラなので赤くなっちゃってますが、これはこれで良いですね。



※最大化から戻るにはEscキー押下!

Moon (age17.4)
CANON EOS 60D(SEO-COOLED60D ,IR custom) / Vixen ED81S + Reducer / Unitec SWAT-200 / Lenovo ThinkPad Edge11 0328-RZ8 + BackyardEOS / ISO250 , 1-200 / Koganei Park, Koganei-City, Tokyo, Japan / May. 16 2014 23:38 p.m. JST



機材一式を入れているスーツケースとリュックにこのレベルの鏡筒が入れば1本欲しいところですが、1人で1回で運べる量がリミットでコンパクト重視だと厳しいところですね。。。







にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
  1. 2014/06/17(火) 00:17:10|
  2. 天体写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ケーブルの冗長化【断線対策】 | ホーム | サドル周辺とバンビの横顔>>

コメント

500mmでの月、等倍。迫力ですね~

私も普段はf=250~350mmと135mm、それに12~35mm で撮ってます。
自動車免許を持たないもので、公共交通機関+人力で運べる量を私の限界と定めてます。(逆に飛行機や電車でどこまでも遠くへ、『いつも通りに』遠征できる、とも言えますが…)

手持ちのFS-60CBをFS-60Q化するエクステンダーも持ってはいるのですが、嵩張る&600mm F10は暗くて効率悪いので自宅でお留守番です。

そこで先日、ヤフオクで KOWA PROMINAR 500mm F5.6 を落札しました。これなら 500mm でも F5.6、レデューサつけて 350mm なら F4.0。レデューサ、延長筒も細く、鏡筒長も短いのでトランクに収まります。
早速ファーストライト、といきたいのですが、あいにくの満月期。
仕方ないので、この機に K-ASTECの鏡筒バンドとフォーカサーを入手中です。
  1. 2014/06/17(火) 08:57:18 |
  2. URL |
  3. HUQ #LkZag.iM
  4. [ 編集 ]

KOWA PROMINAR良いですね~、500mmクラスの物として、ちょうどお友達から薦められていて注目しているレンズです。
遠征したとしてもいつも通りの環境と言うのはコンパクト派のメリットですよね。
  1. 2014/06/18(水) 02:56:31 |
  2. URL |
  3. Tukaima #EBUSheBA
  4. [ 編集 ]

昨夜、K-ASTECの鏡筒バンド他が届き、早速重量を計りながら SWAT に載せる算段をしてました。

・500mm F5.6 で使用する場合、レンズとマウントアダプタ(TX10 NIKON用)とフード、それに夜露ヒーター(67g)、合わせて約2kg

・K-ASTECの鏡筒バンド(前後合わせて200g)+アルカスイス型プレート(8inch 約200g)で、400g強。

・ターゲット導入のためにはファインダーが必要。タカハシ6x30ファインダーを、アリガタ/アリミゾ着脱装置付きで K-ASTEC 鏡筒バンド上面に付けると、+400g強。

というわけで、重量はしめて 3kg 弱となります。
350mm F4 構成でも、大体同程度です。(若干増)
850mm F9.6構成だと、3kg強となります。

K-ASTEC の鏡筒バンドですが、確実な固定を第一に考え、前後セットで使用した場合、一晩の撮影中にマウントアダプタ(レデューサTX07 / 素通しTX10 / エクステンダTX17)を換装するのは現実的でない作りです。

K-ASTEC の鏡筒バンドは、レンズの三脚座をはずしたところに前部リングを取り付け、マウントアダプタに後部リングを取り付け、前後のリングをプレートで固定する仕組みです。

この仕組みでは、レンズ-マウントアダプタ間の着脱時に操作するボタンが前後リングに挟まれた位置にあるため、レンズ-マウントアダプタ間の結合を外し、前後リングとプレートを固定したままマウントアダプタだけ後方に引き抜こうとすると、ボタンが後部リングに引っかかってしまい、引き抜けないのです。

マウントアダプタを外すには、プレートと後部リングのネジ止めを緩める必要があります。

プレートと後部リングを固定したままでもマウントアダプタを後方に引き抜けるよう、着脱ボタンが通れるくぼみを後部リング内径の一部作れないか、問い合わせしてみます。
  1. 2014/06/18(水) 17:33:41 |
  2. URL |
  3. HUQ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tukaima48.blog.fc2.com/tb.php/27-dfdcf587
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。