天体memo

天体撮影のちょいメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アンタレス付近

先日、初めて富士山の富士宮五合目で雲海を経験しました。標高2,400mから下界を除くと見事な雲海が富士宮市の街明かりに蓋をしていました。その蓋のすぐ上に浮かぶアンタレス。最初は北アメリカ星雲を撮る予定でしたが急遽変更し、鏡筒をアンタレスに向けました。極軸・構図合わせも終わり、さあ撮影開始!と意気込みました。がしかし。。。

Antares region [Camera]CANON EOS 60D(SEO-COOLED60D ,IR custom) [Lens] BORG BORG60ED + Reducer 0.85xDG [Auto guide]QHY QHY5L-IIM + Kowa LM75JC + PHD Guiding2 [Other] Unitec SWAT-200, BackyardEOS, ISO1600, 300s x4 ,dark x4, flat x20 ,StellaImage7 / Fujinomiya, Mt.Fuji, Japan /June. 25 2014 21:17 p.m. to 22:27 p.m. JST

この日の薄明終了は20:50頃、撤収予定は24:00なので2時間は撮影できる見込みでしたがなかなか思ったとおりに行かないのが天体写真。下界の雲海が22:30頃にはなくなってしまいました。そして23:00頃から曇り始める南側の空。南側だけ曇ってきたのでアンタレスは諦め、時間も無いのではくちょう座の星野写真でもと思いましたが、準備して撮影開始するとこんどは突然はくちょう座に雲が。。。なんだか天候に意地悪されたような気分です。こんなことなら最初から北アメリカ星雲撮っとけばよかったー。。orz


結果として、まともに撮れてたのは4枚のみ。雲海中にアンタレス付近を雲が通過してボツとか、ピリオディックモーションと思われる、星が流れてボツとか(下画像)




現像してみても、4枚だから少なすぎてダメなのか、画像処理がダメなのか、お手本画像には程遠いです。まあ両方でしょうけど。上級者向けと言われているアンタレス付近、またいずれ挑戦してみたいです。



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2014/06/28(土) 21:35:59|
  2. 天体写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ダークノイズとCMOSセンサー温度比較(1)(KissX5、60D、6D) | ホーム | ケーブルの冗長化【断線対策】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tukaima48.blog.fc2.com/tb.php/29-d267bb52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。