天体memo

天体撮影のちょいメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダークノイズとCMOSセンサー温度比較(2)(KissX5、60D、6D)【冷却時】

前回に引き続き、今回は冷却時の結果です。


前回、かなり残念な子だったKissX5ですが、冷却時はかなり見れる結果になりました。汚名挽回ですね。ただ、webにアップした画像では細かいノイズが消えてしまっているだけであって、実際は細かなノイズが多数あります。ダーク処理でどのレベルまでノイズが消えるか次第ですがやはり冬以外は長時間露光ではお休み頂く機種になりそうです。




さて、KissX5と6Dは冷蔵庫で、60D(SEO-COOLED60D)は冷却カメラなので室内でそのまま冷却しました。撮影時のBackyardEOSの設定は前回同様です。(ISO1600、300秒 x24枚、Mirrorlock2秒、Delay2秒、Pause2秒)



冷蔵庫での冷却はチャック付きのビニール袋に乾燥剤とカメラを入れて約7時間放置し、撮影時はビニール袋から取り出した状態で撮影を行いました。冷蔵庫内温度は4.3~6.9℃。春や秋の気温くらいですかね。




CMOSセンサーの温度を比較すると以下のようになります。X軸:回数(回)、Y軸:温度(℃)


当たり前かもしれませんが、ノーマル機の2台は冷やしてても温度上昇の幅はほぼ同じなんですね。

非冷却時(前回の結果より)
【KissX5】 27℃→40℃(+13℃)
【6D】 24℃→36℃(+12℃)
【60D(SEO-COOLED60D)】 25℃→33℃(+8℃)

冷却時(今回の結果)
【KissX5】 10℃→24℃(+14℃)
【6D】 7℃→19℃(+12℃)
【60D(SEO-COOLED60D)】 8℃→10℃(+2℃)

CMOSセンサー温度の中間点が4枚目になるのも前回同様です。連続撮影時間が20分(300s x4枚)の位置になるのか、全体の時間の15~20%の位置になるのかは分かりませんが。たぶん後者。

KissX5は非冷却時同様、撮影開始時の初期値からして他の2機種よりわずかに高温です。

SEO-COOLED60Dの冷却機能の優秀さも良くわかりました。冷却ファンの電源を入れて5分もすると、カメラ背面のCMOSセンサーでは気温-25℃まで冷却され、その後は大きく温度上昇することなく一定温度を保っています。不思議なのはBackyaradEOSでの表示はなぜか10℃、カメラ背面のCMOSセンサーでは0℃~1.4℃となり、平均で8.8℃の差があります。非冷却時は平均0.9℃差だったのが、なぜ冷却時は平均8.8℃差になるのかは謎ですね。

冷蔵庫内の温度は、開始時と終了時しか確認できないため、グラフの曲線は想像で書きました。




ではダークノイズ画像です。今回は6Dで最後に温度の低下が見られたため、CMOSセンサー温度最高点は20枚目としました。


KissX5 1枚目(CMOSセンサー10℃、室温24.3℃)


KissX5 4枚目(CMOSセンサー17℃、室温24.0℃)


KissX5 20枚目(CMOSセンサー24℃、室温24.2℃)





60D(SEO-COOLED60D) 1枚目(CMOSセンサー8℃、室温24.3℃)


60D(SEO-COOLED60D) 4枚目(CMOSセンサー10℃、室温24.0℃)


60D(SEO-COOLED60D) 20枚目(CMOSセンサー10℃、室温24.2℃)




6D 1枚目(CMOSセンサー7℃、室温24.3℃)


6D 4枚目(CMOSセンサー13℃、室温24.0℃)


6D 20枚目(CMOSセンサー20℃、室温24.2℃)



ノイズ見えますかね。。このレベルになってくるともうweb画像では厳しいですね。






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2014/07/04(金) 03:04:57|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北アメリカ星雲 | ホーム | ダークノイズとCMOSセンサー温度比較(1)(KissX5、60D、6D)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tukaima48.blog.fc2.com/tb.php/31-cdb869a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。