天体memo

天体撮影のちょいメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北アメリカ星雲 再び


週末の富士山太郎坊にて、今回は5/31以来久々に長時間腰を据えて撮影が出来ました。

が、しかし、、、ガイドが思うようにいかず計39枚撮影した結果は散々たるもの。まともに点で写ったのは7枚のみでした。成功率18%、約3.5時間撮影してこの結果はなかなか泣けますorz



まったくガイド出来ていなかったお話にならない9枚を除いて、残り30枚をサムネイルで見てみるとこんな惨状です。うわぁ。。赤で囲んでるのがなんとか点で写ったもの。ガイドできなかった時に流れたのか、画角が大幅にずれている物もあります。




現在の撮影環境です。これは7/21に坊主で帰った全国育樹祭記念広場の駐車場で撮影したものですが、今までと変えたのはケーブルを垂れ流ししてたのを1箇所にまとめたことくらい。ケーブル垂れ流し状態で撮影を続けると、最初は点で写るのにしばらくするとずれ始める。この対策だったのですがこれが逆に良くなかったですかね。ケーブルが太くなっちゃって赤道儀の回転に負荷がかかってるのかも。たまに点で撮影できてるので極軸は合ってると思っています。




とりあえず実験で30枚全てをコンポジットしてみました。最初は、あれ、意外と何とかなってる?と思ってましたが、点で写った7枚をコンポジットしたものと比較すると明らかにぼやけちゃってますね。




点で写った7枚をコンポジットしたもの。多くの犠牲を出しはしましたがまあ、まともに撮れた方ですかね。。北アメリカ星雲はひとまずこれで終了にしようかな。
NGC7000 North America Nebula [Camera]CANON EOS 60D(SEO-COOLED60D ,IR custom) [Lens] BORG BORG60ED + Reducer 0.85xDG [Auto guide]QHY QHY5L-IIM + Kowa LM75JC + PHD Guiding2 [Other] Unitec SWAT-200, BackyardEOS, ISO1600, 300s x7 ,dark x5, flat x41 ,StellaImage7 / Taroubou, Mt.Fuji, Japan /July. 25 2014 22:17 p.m. to 03:06 a.m. JST



ポタ赤環境での撮影、たまに「なんの苦行だよこれ。。」と感じる時があります。しかし普通?の機材をそろえるとなると車&引越しも必要なためなかなか簡単には踏み切れないですね。BORG60ED+SWAT-200は軽いから風に弱い、構造上 赤緯方向はオートガイドできない、また頂点付近の導入が大変などいろいろありますが、それを乗り越えて綺麗に撮影できた時の感動は大きいですね(負け惜しみw)でもまあここまで失敗したのは今回が初めてなので次回はもう少しまともに撮れる事を期待してます。


次回は初挑戦の網状星雲か、年始に光害に邪魔されて撮り納めたアンドロメダ辺りを狙ってみたいと思います。




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2014/07/29(火) 13:52:58|
  2. 天体写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<網状星雲 | ホーム | 北アメリカ星雲>>

コメント

赤経軸周りの重心偏り

おはようございます。

自由雲台のボールからガイダーまでの距離がかなり長く、しかも全ての機材が赤経軸の片側に寄っているため、赤経軸周りのバランスが完全に偏っているように思われます。

赤経軸周りのバランスが偏ると、オートガイドでリニアな補正が効かなくなります。
(一方側への補正はなかなか効かない癖に、反対側への補正は1ステップで動きすぎる、等)

また、赤経軸の回転方向に対して重力は斜めに掛かりますから、赤経軸の保持状況によっては、赤経方向に対するオートガイドの動きが動かすつもりのない赤緯方向に影響を与えることもあります。

バランスの問題だったとすると、手っ取り早いのはドイツ式化することですが、私もウェイトを持ち運ぶことはやりたくないため、アルカスイス型プレート2本とパンニングクランプを組み合わせて、片持ちフォークにしています。
http://simhuq.sytes.net/astro/2014-07-31_07-27-25_D4.JPG
アルカスイス型クランプ、アルカ型L字プレート、アルカ型プレート、パンニングクランプ、合わせて700g弱。BORGクラスを載せうるしっかりした自由雲台と同程度の重量です。

これは広角~中望遠レンズ用の腕が短いバージョンですが、FS-60QやProminar 500 を載せる時は、パン側もバーティカル側ももう少し長くて分厚いプレートを使ってます。
北極星から遠いターゲットでは、このまま FS-60Q を載せることもあります。
バランスが取れてるとクランプフリーで鏡筒を自在に向けられますから、ターゲットの導入も格段に楽ですよ。

ところで Lenovo の Miix 2 8 という Windows 8 タブレットを入手しました。
重さ僅か350g。
QHY5L-II-C, M どちらでも SWAT-350, 200, PanHead EQ を問題無くオートガイドできることを確認できました。
電池の保ちについてはこれからです。
こんなものが使えないかと思い、取り寄せ中です。
http://item.rakuten.co.jp/jism/4920266056237-42-3401-n?s-id=top_normal_browsehist&xuseflg_ichiba01=11012412
  1. 2014/07/31(木) 07:56:36 |
  2. URL |
  3. HUQ #LkZag.iM
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございます。
普通に流れているのはやはりバランスが原因でしょうね。ドイツ式を買うのが確かに手っ取り早いです。
また、その後の撮影でもうひとつ原因と思われることが分かりました。「○-○」状の変なずれ方をしていた方ですね。電池ボックスをx8個用に交換しているのですがこれがキツキツなせいかたまに停電しており、電池を上から押したり回したりすると電源ONになったりしていたのでx6個の物に戻すと今回は解消していました。
その後の撮影でも頂点付近を撮影時はずれていなかったのが、子午線を超えて傾き始めると少しだけずれていたのでドイツ式導入などでバランスの改善も必須ですね。
Lenovo の Miix 2 8、値段も重さも手頃でいい感じですね。最後のリンク先のケーブルがつかえれば充電+カメラ+ガイド用の外部ポートの問題も解決じゃないですか!あとは結露に耐えられるかどうかですが、中古ノートPCと値段もさほど変わらないのでFlat撮影用だけに使っているiPadをこれに変更して予備環境としてもよさそうです。
  1. 2014/07/31(木) 23:32:54 |
  2. URL |
  3. Tukaima #EBUSheBA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tukaima48.blog.fc2.com/tb.php/33-8de8645c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。