天体memo

天体撮影のちょいメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SWAT-200退院

皆既月食の夜、三脚の上からアスファルトに落下し、ターンテーブルのガタ付きも発生したことから二度目の入院をしていたSWAT-200が無事退院しました。



入院費用は4050円。ターンテーブルのガタ付きも見事になくなりました。入院前はターンテーブルのネジを締めて固定した状態で手で動かすとカタカタ動いていたんですよね。

落下傷も綺麗にタッチアップしてあります。



太ネジアダプターがステンレス製に交換されていました。これについて代理店に質問したところ、現行機で仕様変更されている箇所を、旧型機にもオマケで対応してくれる事があるとの事でした。



カルテ。
入院前に、ガタ付きが直るかなーとターンテーブル横の樹脂ネジを締めて1つなめてしまっていたのですがこれも交換されていました。カルテには「そのネジに触るな!」と注意書きが。。すすすすみません!>_<

一回目の入院以降は、ターンテーブルに負荷がかからないように、ターンテーブルの固定ネジを緩めてから自由雲台を着脱していたのですがそれでも負荷がかかっていたのかな。落下が原因なのか不明ですが、ガタ付きに気がついたのは落下後に機材をセットアップしている最中の事でした。


対策としてテーパーキャッチャーとテーパーアダプターを購入。



これでターンテーブルに負荷をかけずに自由雲台を着脱するのが楽になります。



現在のSWAT-200より上の重量は3.7~3.8kgでした。積載荷重5.0kgよりは少ないですが、見かけの荷重を考えるとギリギリセーフか、やや重量オーバーな気がします。



SWAT-200の落下事故の原因となった微動雲台上部のネジ。このネジが少し締まった状態の上にSWAT-200を乗せてネジを締めたため、手を離して次の機材に手を伸ばしている間に落下しました。普段はそうならないようにネジの状態を確認してから乗せるようにしているんですけどね。。今後は超注意します。ユニテックさんありがとう!








にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
  1. 2014/10/23(木) 07:18:31|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<マスク処理(ファインダーの) | ホーム | 皆既月食>>

コメント

退院おめでとうございます

良い個体でしたね。
私のところのは実測±14秒角程でしたので、格段に高精度だと思います。

ただこのピリオディックモーション、載せる荷重と、赤経軸周りのバランスに非常に大きく左右されます。
測定値はおそらく、無負荷状態での計測値と思われます。
赤経クランプを緩めた状態でも赤経軸が回らないぐらいバランスが撮れていると、無負荷状態に近い精度が出ます。
しかし、赤経軸を直接手で押さえておけば回らない,程度にバランスが崩れているだけで、赤経1軸オートガイドして、PHDのアグレッシブ設定を120%にしても補正が安定しないほど、悪化します。

私が使っている SWAT-350 のほう、理想的にバランスが取れていると±2秒角を叩き出すこともあるぐらいなのですが、前述の程度のバランスの崩れがあると、1軸オートガイドしている状態で赤経が±8秒角以上振れることもありました。

失敗:http://photozou.jp/photo/show/177665/212760170
(f=600mm F10, FUJIFILM X-E1)

原因をバランスの崩れと仮定して、赤経・赤緯軸周りのバランスをシッカリ取って翌晩挑んだところ、今度は大成功でした。

成功:http://photozou.jp/photo/show/177665/212881974
(f=500mm F5.6, FUJIFILM X-E1)

どちらも、トリミングはしていますが縮小はしていません。ピクセル等倍です。
成功版のほうが焦点距離が短いので、そのままでは同列には論じられませんが、
ピクセルあたりの画角は 600mm で 1.7秒角、500mm で2秒角なので、
600mm の画像を 1.7/2.0 に縮小リサイズすると、500mm版と比較できます。
  1. 2014/10/23(木) 21:47:02 |
  2. URL |
  3. HUQ #LkZag.iM
  4. [ 編集 ]

改めて実感しましたが個体差があるんですね。しかも私のはメーカーさんが「上級機なみの抜群の精度」と評するくらい。大事にしないと。。

成功時の記事、先日拝見しました。私はPHDGuidingを初期値のまま何もせずに使ってるので、この辺理解して使わないと宝の持ち腐れになるなあと反省していたところです。それでも5分のガイドであればそこそこ安定するのですが、安定しないときはロスタイムが馬鹿にできないので要改善ですね(^_^;
  1. 2014/10/24(金) 09:22:22 |
  2. URL |
  3. つかいま #EBUSheBA
  4. [ 編集 ]

PHD2 の有志による日本誤訳マニュアルがあります。
http://tt.sakura.ne.jp/~hiropon/PHD2manJPN.pdf
一見の価値があります。
特に、ガイドグラフ上にオートガイドのアグレッシブさが足りているか、足りないかを示す数値がある、という点は理解しておいて損はないと思います。

個人的には、パラメーターは、露出時間を長めにすることでシンチレーションによる星像位置のふらつきを少なくした上で、ヒス照り死すを小さく取るのが良いように思います。
  1. 2014/10/24(金) 10:24:02 |
  2. URL |
  3. HUQ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tukaima48.blog.fc2.com/tb.php/36-684fa39d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。